災害避難所での生活トラブル

災害避難所での生活トラブルとは、避難先で発生する生活上の問題のことです。主なものとしては窃盗や暴力、生活上のプライバシーの侵害などがあり、問題による被害が深刻化すると安全な生活が困難になることがあります。このような問題が起る原因は、狭い場所に人がひしめき合っていることや、被害の恐怖や不安にさらされて精神的に不安定になっている要因などが影響しています。災害避難所での生活トラブルに対処するには、周りの人みんなで協力して対処する必要があります。困った事があったら周りの人やボランティア、行政等に相談して助けを求めることや無理に1人で対処しないことが大切です。周りの人と助け合うことは、そうした周りの繋がりにより個人で対処する事が困難な事を解決できたり、安心感を得る事が出来る効果的側面もあります。

災害時のトラブルについて

日本は海に囲まれていることと地震も多く、いつ災害が起こるかわかりません。それがきっかけで生活トラブルに巻き込まれることも少なくないです。具体的には水や電気が通らなくなったり交通機関の麻痺など、他にも数多く存在します。また食料供給ができなかったりと今まで当たり前にできていたことができなくってしまいます。その結果数々の生活トラブルを起こす為、いざという時に備えてシュミレーションをしたり、食料や水などの備蓄をして置くことが大切です。災害はいつ起こるか分からず、今も各地で地震も起こっており多くの被害を受けています。そのため備えておいて損になることはありません。

災害時起こるトラブル情報

↑PAGE TOP