地震と人災と生活トラブル

日本は太古の時代から災害がとても多い地域となっています。記憶に新しい大地震を筆頭に、水害や土砂崩れや洪水被害、河川の氾濫や山火事や竜巻など、色々なリスクが潜在的に隠されています。本来的には小さな災害だったにも関わらず、対策用の予算や設備が「仕分け」によって削減され、住民が深刻な被害に見舞われる生活トラブルが続出しています。噴火する兆しの無い火山を見張る事、あるいは堤防建設に多額の予算を付ける事、これらは短期的に見れば確かに大変無駄なコストになりますが、いざという時、そのバッファがリスク・マネジメントとして活きてきます。生活トラブルの背景には、極端な緊縮政策があり、大地震が起きてから、その対策用予算が無暗にカットされていた事が判明し、事後的に人災として扱われる事例も増えてきました。

自然災害に対する備えとは

暮らしの中で、生活トラブルは数多くありますが予測できないのが自然災害です。台風などは、ある程度予想ができますが地震などの予測不可能なものがたくさんあります。予測ができない分、その被害は大きな場合があり毎年国内でさまざまな被害が起きています。この生活トラブルには、普段からの備えが大事になります。できる範囲で、防災用品の準備や避難所への道順などを家族全員がわかるようにしておきます。また、連絡ができるように家族間で万一の備えて話し合いをしておきます。はぐれたときには、どこで待ち合わせをするのかなどです。非常時には、携帯もないときがあるからです。

災害時起こるトラブル情報

新着情報

↑PAGE TOP